ろう者率先型

Read in: 英語

Print Friendly

ろう者主体による運営

私たちは、さまざまな国のろう者が協力し、ろう者が主体的に活動することが重要だと考えています。APSDAの理事は全員ろう者(アジア8カ国からなる)であり、ろう者のリーダーシップのもとで様々な活動に取り組んでいます。理事たちは毎年、実際に集まり、また毎月、ビデオ会議システムを活用を通して手話で会話をしながら、定期的に会議を開いています。

Board of Directors
役職名/名前手話ネームと挨拶
理事長

松本英二
日本
face_matsu
副理事長
李永琳
韓国
face_lee
書記
シムクオ
インドネシア
face_simkuo

理事
マック・アダム
オーストラリア
face_australia

理事
吳 信蒼
台湾
Wu Hsin-Tsang  吳信蒼牧師
理事

アーネスト・エレアザール
フィリピン
Ernesto N. Eleazar

会計
クンウェイ・ホ
マレーシア
Photo not available

APSDAのロゴについて

APSDA English logo

APSDAのロゴは、インドネシアのろう者がデザインしました。
青は、涼しげな落ち着き、静寂さ、平和、共感、慰め、保護を意味します。
赤は、エネルギー、あたらかさ、コミュニケーション、希望をもつ考え方、熱意、情熱を意味します。

地球のシンボルは、福音(よい知らせ)を世界に伝えることをあらわしています。
開いた左手は手話を、右手はAPSDAの頭文字であるAを表しています。